2013年09月05日

立川店の規模を比較

立川店の規模を既存店と比較してみました♪

なお、面積等のデータを調べてみると(敷地面積や延べ床面積はよいとして)ストア面積、店舗面積、売り場面積という用語が(記事により)ごっちゃになっていてよくわからないんですよね〜。

とりあえず、店舗面積=ストア面積=売り場面積+"倉庫,レストラン,バックヤード等の面積(?)"、と判断して一覧にしてみました。

[店舗名] [敷地面積/店舗面積/売り場面積/駐車場]
千葉・船橋 42,907u/40,000u/23,499u/2,200台
横浜・港北 48,000u/40,000u/25,024u/2,000台
神戸ポート 43,771u/39,900u/??,???u/2,100台
大阪・鶴浜 45,000u/40,000u/23,500u/2,200台
埼玉・新三郷 57,000u/40,000u/25,725u/2,500台
福岡新宮 62,772u/31,661u/20,442u/ 953台
仙台ミニs --,---u/ 1,500u/ -,---u/ ---台

<予定>
東京・立川 26,000u/40,000u/24,000u/1,500台
宮城・仙台 29,655u/28,855u/16,723u/ 700台

ここから立川店について推測できることは。。。

・立川店は他店より高層化された店舗に!?
敷地面積は首都圏の他店と比べて約2/3の広さながら、店舗面積および売り場面積は同等を維持していることから、他店よりも高層化されるのではないかと思われます。

・駐車場待ち渋滞が心配
毎回IKEAのオープンとともに、周辺道路の渋滞が問題になりますが、立川店の駐車場台数が少なめということは、駐車場待ち渋滞が懸念されますね。立地が駅近というのもありますし。。。

高層の店舗は海外ではあるようですが、日本では初ですのでちょっと楽しみですね♪
posted by イケアン at 16:04| Comment(0) | 東京・立川店について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。